egocoro salon / 2019'7'23' / 2019'7'30' / 2019'8'27'

状況のデザイン・シリーズ

~状況を“絵的”につかむ、3つの体験~

たとえば「なぜうまくいかないんだろう?」…というとき。
それを「人の能力や性格」を原因として考えると、どうもギスギスした思考に陥りがち。
そこで「状況」というフィルターを通して、ものごとを捉えてみてはどうでしょう。
きっと解決の糸口がみつかったり、建設的な発想につながってきます。

私たちの日常は「状況」によって突き動かされています。
ものごとがうまくいくのも、いかないのも、「状況」によるところが大きい。
「状況」はたえず変化しながら、いや変化しないことも含め、複雑で実態もつかみどころもないのが実のところ。

そこで今回のエゴコロサロンでは、
「状況」というつかみどころのないものを「言語的に」読むのではなく「絵的」に感じとり、
「状況をとらえる、いかす、つくる」の3つに分けた「状況のデザイン・シリーズ」を行います。
虫の目、鳥の目、魚の目でものごとを見る習慣づくりと、枠にとらわれない発想をうながすためのサロンです。
デザイン図解の「思考法」とエゴコロサロンの「アソビゴコロ」で、答えのあいまいな、もやもやした世界を探求していきます。

Program

2019年7月23日(火)19:00〜21:00
vol.1「状況をとらえる〜てのひらアート」
「見た目や、わかりやすさ」にまどわされることが、状況を見失う原因にもなります。
そこで具体性のあるものを一旦、「抽象化」することで、状況をとらえなおす視点を持ちます。
ややこしそうですが、気軽な「イメージ採集」体験を通して、あなたならではの発見を楽しんでください。


2019年7月30日(火)19:00〜21:00
vol.2「状況をいかす〜字のない連歌」
何ごとも、予定通りうまく進まないことは多々あります。
でもそれがかえって「意外な」発想や創造につながることも。
「今、ここ」の状況をいかし「非計画、偶然性、アドリブ性」から予定調和を超えるワクワクを体験してください。


2019年8月27日(火)19:00〜21:00
vol.3「状況をつくる〜料理の出ないレストラン」
レストランのメタファ(たとえ)を使って「ありえない状況」からどんな気持ちや体験がデザインできるかを考察。
今ある課題や違和感を「状況」としてとらえ、最適解をみつけます。
「もやもや」を遊びながら、アタマとココロをやわらかにしましょう。

※3つの体験がありますが、1つだけの参加でもOKです。どうぞ気軽にお越しください。

状況のデザイン・シリーズ〜状況を“絵的”につかむ、3つの体験〜

【日程】2019年7月23(火)、7月30(火)、8月27(火)
【時間】19:00〜21:00
【内容】vol.1「状況をとらえる〜てのひらアート」(7/23)
    vol.2「状況をいかす〜字のない連歌」(7/30)
    vol.3「状況をつくる〜料理の出ないレストラン」(8/27)

【場所】大阪市立総合生涯学習センター(梅田) 第5会議室

【住所】大阪市北区梅田 1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階

【費用】2,000円(材料費込み)

【主宰】アトリエ・カプリス

【申込】以下、申込フォームより日程を選んでお申し込みください。
    ※お好きなもの1つからでも参加可能です。


メモ: * は入力必須項目です