表現の幅を広げる“もじ”のデザイン・ワークショップ

たとえば「ありがとう」という言葉も、

軽い気持ちで言うこともあれば、本当に本当に心の底から感謝する「ありがとう」もあります。
どんな意図の「ありがとう」も、文字にすれば「ありがとう」の五文字。
こういった「文字」に表情をつけ、しっかりと意図や気持ちを反映するのが、
デザインの役割のひとつです。
本ワークショップは、ふだん私たちが交わす「ことば、文字」にスポットをあて、
表現の工夫をすることで「よいコミュニケーション」を作る、デザインの本質に触れます。

初の大阪市立中央公会堂でのエゴコロサロン開催。
中央公会堂の雰囲気、やはりカッコイイですねぇ。

真夏のジメジメした暑さの中に関わらず、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
今回は少人数だったので、私たちも一緒に参加させていただきました。
お菓子をつまみながら、気軽なワークショップです。
その一部をレポートします。

人と人をつなぐ上において、かかせないコトバ。
誰かと話すときには、発せられたコトバそのものよりも、まわりにあるリズムや抑揚、
顔の表情など、色々な要素をふまえて、その真意を伝えたり受け取ったりしています。

では、活字にしたときはどうでしょう。
最近はブログやツイッターなど、誰もがコトバを文字にのせて発することが簡単になりました。

その分、文字(コトバ)の表情をくみとることができなければ、あらぬ誤解を生むことも。

文字においても、人と会話するように表情やリズム、トーンを考え、

できるだけ伝えたい真意を届けたいですね。

そこで今回のワークショップは、文字に表情をつけながらコミュニケーションを考えました。

 

文字を使った、簡単な遊びを通して、コトバの抑揚、重さなどについて体験します。
同じコトバでも感情をつけていくと、ストーリーが生まれます。

また、日本語にはとくに多いとされる「オノマトぺ」。
・シュッとした男前
・道をまっすぐパーッといって・・・
・ちゃっちゃと片づけなさい!

などなど、臨場感を伝えるのに、もってこい!
大阪人はとくによく使うかもしれません。

ほとんど、オノマトペで会話…なんて人も!?

そこで、みんなで作ってみた「オノマトペ図鑑」。
それぞれがもつ音のイメージを表現していただきました。
「あ〜わかる〜」、「お、そっちの意味か〜」など、使い方を改めて考えるワークです。

色々な国のオノマトペ図鑑を作って、比べてみてもおもしろそうです。

そして、カプリスではおなじみになりつつある、参加者同士でインタビュー。

今回は二人一組になって、相手のロゴマークを考えていただきました。

文字でその人を表現する、ブランドづくりではかかせない作業です。

文字は読ませることはもちろん、ロゴマークのようにブランドさえも作り出す、

奥深いテーマです。

 

今回は文字遊びのワークと少々の講義で文字について考え、体験していただきました。

グラフィック・デザインは、イラストや写真、そして文字を使って思いを届けます。

読んで理解してもらうには、文字のチョイスはあなどれません。

思いや意図を伝えるためのイメージを作り出す重要な要素。
チラシ1枚でも、色々な語り口で話しかけています。

ぜひ、この機会に色々な文字たちと出会ってみてください。

そして、ご自身が文字に思いをのせるときの語り部を探してみてください。
文字選びを少し意識するだけで、
伝えたいムードを届けるひとつの要素になってくれると思います。

開催のご要望、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

企画・デザイン / atelier caprice