ユカイなズカイ

もやもやをスッキリ!ムズカシイことをわかりやすく!そんなときに、便利なズカイ。

伝えたいことは、その場の雰囲気だったり、考えにいたるまでのプロセスだったり。
見えないものにスポットをあてた、「ユカイなズカイ」を体験していただくプログラムです。

カプリスで普段取り組んでいる「図解」は、
「可視化」することで、コミュニケーションのお役にたつことを目的のひとつにしています。
だからこそ、そのときの雰囲気やもやもやした部分、盛り上がった部分など、
結果に至るまでのプロセスを描くことを大切にしています。


今回のワークでは、
聞きとる図解。
会議を見える化する図解。
伝える図解。
3重層でワークを体験していただきました。
いずれも、現代のコミュニケーションシーンに欠かせないスキルです。

まずは、聞きとる図解。
話を聞きながら、手を動かす。
聞きながら書くことで、情報の背景を振り返ることができます。
誰かにこの情報を伝えるとき、
結果を伝えること、
プロセスを伝えること、
着眼点が変われば、伝わる印象が変わります。


そしてメインワーク。
「哲学のおやつ※」という本を題材に、チームで話しあっていただきました。
ここでは会議の「見える化」の「ズカイ」、
そして、図を使いながら問題解決をめざす、「図解」を。
そして最後のプレゼンテーションにおける伝える「ズカイ」まで。
「ズカイもりだくさん」です。

会議や話しをするという場でおこる、
共有したときの嬉しい感動や、
考えにつまってしまった時の、唸る瞬間、
話の転換ポイントなど、
見過ごすともったいない!と思える瞬間がたくさんあります。
その時をも、しっかり描いておくことで、いつでも原点に戻ることができます。


「可視化」することは、大切な意見がいつも見えることです。

これは、アイデアの層も厚くします。
もちろん、課題も見えやすくなる。
捨ててしまったアイデアの中に、また新たなヒントがあるかもしれません。

結果のための完成図をつくるためにも、プロセスを図解し「見える化」しておくことは、
大切な宝物をたくさん持つことになると思います。

たった2時間のワークの中で、喜んだり、悔しがったり…
笑い声がたくさん溢れた、まさに「ユカイなズカイ」の時間でした。

私たち自身の気づきもたくさんあり、「デザイン図解」について
より深く楽しく考えることができました。
参加いただいた皆さま、ありがとうございました!
*上記写真のズカイは、今回のプログラムを作るにあたってのものです。

今回は、「描くことは、怖くない!」ということをカラダで感じてもらうワークも。
ちょっとした、アート空間になりましたよ♪

開催のご要望、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

企画・デザイン / atelier caprice


2012年3月15日(木)19:00〜21:00

※教材として使用した「哲学のおやつ」は、フランスで作られた子供用「哲学」の本です。